安田美香子バレエ団 バレエスクール

2020年10月21日水曜日

大好きなバレエ

秋が訪れて金木犀が甘い香りを運んできます。 

マスクを付けて生活をしなければいけない日々は変わりませんが、

窮屈だった日々から比べると少しずつ生活も変わってきたような気がします。

新型コロナウイルスの感染が広まり、大好きなバレエのレッスンに突然

通えなくなってしまったこと、先生や仲間に長い間会えなくなってしまった

時は悲しさと寂しさが募りましたが、こうして再び踊ることができるようになりました。


「バレエが踊れる!」と思うと、うつむくことなく、日々を前向きに過ごせます。

レッスンがあると思うとワクワクします。コロナによって私の大好きなことは

何かを改めて気づかせてもくれました。


「意志あるところに道は開ける」という言葉を私は大切にしています。

もしまた困難があったとしても、この言葉を胸にがんばります。

 

晏加

共に乗り越えて

こんにちは。

 

だんだん秋らしくなって来ましたね。

あと3ヶ月で1年が終わると考えますと、時間が過ぎるのはとても早いもの

だと感じています。

このまま行きますと、来年の5月公演もきっとすぐなのだろうと思います。

 

この10月から公演のリハーサルも再起動しますので、11回の練習を

大切に取り組んでいきたいと思ます。

 

今年の公演はコロナウイルスによって延期になりましたが、練習する時間が

増えたのだと何事も前向きに捉えて、より良いものが作れる様、みんなで

切磋琢磨して高め合っていきたいと思っています。

 

みんなでコロナに負けず、苦難を共に乗り越えて、

頑張っていきましょう!

  

桜子

 

 

満面の笑顔で

コロナの影響により暗い世の中となってしまいましたが、そんな時こそどれだけ

自分で自分を励ますことが出来るのかが大切だと思います。 

私は今度の公演「ドールフェアリー」全幕で、フランシーヌのお役をいただきました。

私の中でフランシーヌは、チャーミングなイメージですので、そのイメージに添う様、

体力や技術を磨いていきたいと思います。 

舞台の最後に、みんなが満面の笑顔で終われるような、そんな公演にする為にも、

これからみんなで一致団結して頑張りたいと思います。

  

花歩

 

2020年9月24日木曜日

夢を力に

本当にお久しぶりのブログとなりました。 

皆様新型コロナ対応のためさぞかしご不安な日々とお察し申し上げます。 

私も毎朝起床しますと真っ先に検温する毎日となりました。

マスクをしながらのお稽古でみんなの可愛い笑顔を見れないのはとても

寂しいですが、このコロナ禍の中にあっても、ベビー科を含めた全クラス

の生徒さんが 休みなく練習に登校してくる事実に、私と代表は感動しております。 

いかにみんながバレエを心の支えにしていることが分かり大きな幸せを感じました。

感染拡大防止の為、舞台が延期になり変更もありで私達は大変ですが、今こそ

バレエで培ってきた忍耐力や根気の見せどころです。 

この苦境に際しても喜びをみつけて、夢を力に、心に花を咲かせましょう。

  

美香先生より

2019年11月30日土曜日

安田バレエ団が岐阜で定期発表

事務局からお知らせです。

またまた中日新聞1130日(土)朝刊岐阜近郊総合版に
40回定期発表会の記事が載りました!

舞台終了後の余韻覚めやらぬ時期に再び私共の活動を
ご紹介いただけましたことを中日新聞様に深く感謝申し上げます。

この喜びを胸に来年の「ドールフェアリー」完全版へ向けて
切磋琢磨し、この冬休みにはリハーサルへ進めてまいります。

"さあ夢の世界へ"

2019年11月27日水曜日

愛された演目 感謝込め披露

事務局からお知らせです。

「愛された演目 感謝込め披露」第40回定期発表会の記事が
1127日(水)中日新聞中濃版に再び大きく載りました。

この幸せと喜びを与えてくださった方々に感謝して
人生の励みにしましょう。
よかったですね!

中日新聞様、深く深く感謝申し上げます。

2019年11月26日火曜日

第40回定期発表会無事終了致しました。

40回定期発表会、大成功のうちに幕が下りました。

お客様の歓喜の声とどよめきに安堵致しました。 
沢山のご来場誠にありがとうございました。