安田美香子バレエ団 バレエスクール

2020年10月21日水曜日

大好きなバレエ

秋が訪れて金木犀が甘い香りを運んできます。 

マスクを付けて生活をしなければいけない日々は変わりませんが、

窮屈だった日々から比べると少しずつ生活も変わってきたような気がします。

新型コロナウイルスの感染が広まり、大好きなバレエのレッスンに突然

通えなくなってしまったこと、先生や仲間に長い間会えなくなってしまった

時は悲しさと寂しさが募りましたが、こうして再び踊ることができるようになりました。


「バレエが踊れる!」と思うと、うつむくことなく、日々を前向きに過ごせます。

レッスンがあると思うとワクワクします。コロナによって私の大好きなことは

何かを改めて気づかせてもくれました。


「意志あるところに道は開ける」という言葉を私は大切にしています。

もしまた困難があったとしても、この言葉を胸にがんばります。

 

晏加

共に乗り越えて

こんにちは。

 

だんだん秋らしくなって来ましたね。

あと3ヶ月で1年が終わると考えますと、時間が過ぎるのはとても早いもの

だと感じています。

このまま行きますと、来年の5月公演もきっとすぐなのだろうと思います。

 

この10月から公演のリハーサルも再起動しますので、11回の練習を

大切に取り組んでいきたいと思ます。

 

今年の公演はコロナウイルスによって延期になりましたが、練習する時間が

増えたのだと何事も前向きに捉えて、より良いものが作れる様、みんなで

切磋琢磨して高め合っていきたいと思っています。

 

みんなでコロナに負けず、苦難を共に乗り越えて、

頑張っていきましょう!

  

桜子

 

 

満面の笑顔で

コロナの影響により暗い世の中となってしまいましたが、そんな時こそどれだけ

自分で自分を励ますことが出来るのかが大切だと思います。 

私は今度の公演「ドールフェアリー」全幕で、フランシーヌのお役をいただきました。

私の中でフランシーヌは、チャーミングなイメージですので、そのイメージに添う様、

体力や技術を磨いていきたいと思います。 

舞台の最後に、みんなが満面の笑顔で終われるような、そんな公演にする為にも、

これからみんなで一致団結して頑張りたいと思います。

  

花歩