安田美香子バレエ団 バレエスクール

2021年5月30日日曜日

優美な舞で観客を魅了

事務局からお知らせです。

またまた中日新聞530日(日)朝刊岐阜近郊総合版に

昨日の公演記事を載せて頂きました。 

舞台終了後の余韻覚めやらぬ時期に再び私共の活動を

ご紹介いただけましたことを中日新聞様に深く感謝申し上げます。 

この喜びを胸に今後も切磋琢磨してまいります。 

"感動の舞台" コロナ禍の中にも関わらず、沢山ご来場いただき

ましたお客様へ心より感謝申し上げます。

 

2021年5月27日木曜日

またまた嬉しいお知らせ

事務局からお知らせです。

またまた嬉しいお知らせです。

中日新聞5月27日(木)岐阜近郊総合版にも素晴らしく

大きく取り上げていただきました。

(縦25センチx横15センチの特大版)

岐阜支局の記者様より励ましと応援のお言葉もいただき

とても励みとなりました。

これで岐阜市、岐阜市近郊の皆様にも安心してご来場

いただけること思います。

29日(土)は感染拡大防止対策を万全とし、非日常の

華やかで、終演後に晴れやかな気持ちになれる様な

舞台を、私共一同総力をあげて上演致します。


各方面からの応援のメッセージ、深く感謝申し上げます。

2021年5月25日火曜日

2年ぶり心躍る晴れ舞台

事務局からお知らせです。 

中日新聞525日(火)中濃版に素晴らしく

大きく取り上げていただきました。

(縦21センチx横21センチの特大版)

何よりもの励みです。32年間頑張ってきて、こんなに

嬉しいことはありません。

これを力に第25周年記念公演を大成功に導きたいと

思います。

中日新聞様、深く感謝申し上げます。

 

2021年4月12日月曜日

とにかく乗り越える

皆様、ご無沙汰して申し訳ございません。

憧れのオンステージ新聞に、5月公演の記事が大きく掲載され、

まるで夢を見ている様な喜びに包まれています。

 

2度の延期に苦められた舞台なので神様からの贈り物かもしれません。

今回生徒達にも忍耐という言葉を何度言ってきたか分かりません。

耐えに耐えてやっと花咲く5月公演。

 

5月といえば薔薇の季節、薔薇の花言葉は愛、自分の惨めな境遇に

希望を見いだし、戦いぬいて勝利する 人形マルセルの物語。

そこにはマルセルを応援する人形達の友情や励ましといった情愛

が流れています。

 

この舞台で踊る踊り手達も、沢山の応援の力を貰ってきました。

みんな自分の花を咲かせてね。

 

美香子先生より

 

2021年4月11日日曜日

名古屋シルビアさん

名古屋シルビアさんの入口正面に「ドールフェアリー」公演の

ポスターが貼られております。

とても嬉しいですね!

 

これを励みにあともう少しみんなで切磋琢磨して頑張りましょう。

「オンステージ新聞」4月16日号

事務局よりお知らせです。

  大変権威のある舞踊・演劇の綜合専門誌「オンステージ新聞」

416日号に「ドールフェアリー」全幕を大きく取り上げていただきました。

感謝感激しております。ありがたいことですね。

 同号には牧阿佐美バレヱ団「プリンシパルガラ」の公演レポートがメイン

に紹介されており、坂爪先生、石田先生も大きく掲載されておりますので

読み応え十分です。

 

これを力に、バレエ団一同総力をあげて上演致します。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

2020年12月8日火曜日

「コロナで得た特別な想い」

こんにちは。

12月に入り、今年も早くも終わりに近づいています。

新型コロナウィルスで世の中が暗い状態ではありますが、

そんな時こそ自分の幸せを見つけるといいですね。 

私の幸せは、バレエを踊っているときです!

 一時はレッスンに通えなくなり、空白の時間がありました。

でもバレエが再開し久しぶりに仲間と踊ったとき幸せがはじけました。

今でもその感覚を覚えています。この時「私はバレエが大好きなんだ

と改めて感じた瞬間でもありました。そんな幸せを大切にしたいですね。

 

公演の練習もさらに本格化してきました

寒さに負けずコロナに負けず、自分の幸せを胸にみんなで気持ちを

高めていきましょう

 しまの